健康保険が利用できます

ハート

治療費の負担を減らしたい

うつ病は意欲や気力が減退して仕事や家事がスムーズにこなせなくなったり、洗面や着替え、入浴などが億劫になったりすることもあります。憂鬱な気分が長く続き、マイナス思考に陥ることもあります。うつ病は家族などの身内との死別や離婚、出産や結婚、転職や転勤などの環境の変化や、一時的に大きなストレスを感じると発症することもあります。うつ病が疑われる時は精神神経科のクリニックを受診して、問診やカウンセリング、診察などを受けて下さい。病院やクリニックによっては心理テストを行ったり、血液検査なども行ったりすることもあります。うつ病を診断されると本人や家族は不安を感じている人が多いですが、治療をするための費用を知っておきたい人が増えています。精神神経科の病院やクリニックでは、カウンセリングなどの精神療法や抗うつ剤、抗不安薬、睡眠導入剤などの処方を行っています。必ずしも入院が必要ではなく、通院による治療が可能になっています。診察代や薬代は保険適用が受けられるので、安心して下さい。うつ病は一人一人原因や症状も違ってきますが、抗うつ剤は即効性はないので、最低でも3か月から6か月ぐらいは持続する必要があります。うつ病は早期に発見して治療を受けると、回復を早めたり、学校や職場に復帰したりすることも可能です。うつ病はカウンセリングなどの精神療法や薬による治療が中心になりますが、なるべく治療費を抑えたい人がほとんどです。病気が診断されたら、市役所の窓口に足を運ぶと障害者自立支援医療などが受けられるので、相談をしてみると良いでしょう。障害者自立支援医療の制度を利用するためには、医師に診断書を書いてもらったり、自分で申請書や同意書を提出したりする必要があります。障害者自立支援医療の手続きが終わると、受給者証を発行してくれるので病院やクリニックに通院をする時に持参すると良いでしょう。うつ病の治療は長引くケースもありますが、医療費の負担1割になるので経済的な負担を減らしたり、通院を中断したりしなくても良くなります。通院をしている病院やクリニックの窓口でも、相談ができます。