憂鬱になる病の対策と予防

看護師

対策法と防止のポイント

うつ病を自ら気が付いたり、ファミリーや勤め先の同僚などすぐ近くにいる人が気づいたりすることは極めて大切です。懸念する時には第一に、疲れ切ったこころと体を休めることが重要になります。医学的治療が要される場合、医者に因る診察後に状況に応じて実効性のある治療法を選び、充分時間を費やしてケアすることが大切になります。うつ病患者が増えてきたことによって、近頃では心療内科のクリニックも年を経るごとに増加傾向にあります。オーソドックスな心療内科の場合、内科検査とシンプルな診察をしてくれるケースがほとんどですが、近頃では時間を費やしてカウンセリングを展開しているクリニックも拡大をみせているようです。カウンセリングは保険適用外の為自費ですが、心療内科の医師はうつ病患者に対しての接し方を理解していますし、話の引っ張り出し方も優れているので、近しい人が話を聞くよりも効果が見られるでしょう。さらに近しい人がうつ病になったケースでは、近くの人も世話を行っているうちにうつ病に掛かる場合も多いので、可能なら患者ではない人もカウンセリングを行なってもらうと賢明でしょう。うつ病を防ぐためには、自分自身の考え方を見つめなおし、周辺の状況に応じてチェンジしてみることが重要といえます。 小さいことにこだわることなく、物事を楽観視することができるタイプは、相対的にストレスをストックしにくいとされています。あらためていうまでもなく、ストレスを一切感じないことはありえませんが、冷静沈着な視点で見つめ自然に取り組むスタンスを忘れないようにすることは、うつ病療法でも取り込まれています。 生育した周辺環境や色々な経験から作られた性格を変化させることは困難を極めることですが、日常から受け流す考え方を心がけるだけでも、状態は少なからず移り変わるものです。 それに加えて、うつ病及び日照時間は深く関係していると言われており、太陽光を受ける時間が少ないほど、うつ病をもたらす可能性が高まると言われています。日中の間は部屋のカーテンをあけたり、散歩の習慣をつけたり、常日頃より太陽の光を体に取り込む日々の生活を心がけることが大事となります。